10Ks!名古屋の話

【2016年4月3日】

格安の新幹線チケット(でも超時間かかる)を手に入れて、名古屋に向かった。


道中、例の姉(プロ)からナゴヤドームへの行き方、買った方がお得な地下鉄の一日パス、現在の物販の混み具合などのきめ細かい情報や心得が送られてきた。
ジャニーズのデビュー戦が一人の私にとっては、本当にありがたかった。
(テンクス!姉)


名古屋ドームに着くと、ものすごい物販列に驚きながら、とりあえず並んでみた。
軽く曇り空だったが、桜が綺麗だった。


これ………
たぶん間に合わないかも……ム~リ


まだまだまだ売場さえ見えない場所にいた私は決断した。


これは……丸腰で挑むしかない。
人間、時には諦めも大事!
ほな、行ってまいります~


そして、ペンラも団扇もタオルも何も持たず入場した。席はスタンドの中列。
初めてのコンサートでKAT-TUNが見れる興奮と、
突然!隣の外国の方から知らん言葉で話しかけられた動揺を隠すべく、姉から借りた双眼鏡のピントをカチカチ合わせていたら、照明が暗くなった。


わあだががぁぁ!!ヤバーーーー!キターーーーー!!

最初は視点が定まらかった。その後は、 双眼鏡が割れるかと思うぐらい画力が強かった。
そして、照明もスタンドの赤いペンラも綺麗できらびやかで、お祭りにでも来た気分になった。(まぁ、私ペンラ持ってないけどwww)


ちょうど、ブィーーーンと上がるヤツでなかまるくんが良く見える位置に来たので、双眼鏡を覗くと、汗がスゴくてずぶ濡れ状態で、例の『お客さーん』と言ってる姿を捕らえた。


『なかまるくんって、
マジで生きてる人間だったのね!動くんだね!生きてる!サイコー!
名古屋!シャチホコさん!お母さん!ありがとうー!!!』(錯乱)


その後も、上田くんの顔から首の傷はどうしたものか?と考えたり、あの!あの!亀梨くんキター!!とか、あ。歌割り変わったんだね…まぁ、そりゃはそうか…………なんて思いながら見てたら、あっという間に手を繋ぐ時間になった。(これ!これ~!やりたかったヤツ)


初めてのコンサートの感想は、なんか癖の強い(闇あり)界隈のライブしかほぼ知らなかった私にとっては、キラキラしていて楽しい空間だった事。(一人でも全く問題なし)
あと、初めて生で見たKAT-TUNは、とても強かった…くらいしか覚えてない。


ただ、まだ3月末から数日しか経ってないし、なんかモヤモヤする気持ちも少しあったけど。


ちなみに、終演後の物販列に並んで買ったパンフがとても良くて何度も読み返したり、姉に今日の報告をしたりして、自分のと頼まれたのと合わせて大量に買い込んだグッズを


ちゃんと!持参した袋に!!


整理したりしながら、ビールを飲みまくった。(一人酒)


翌日は味噌煮込みうどんを食べに行った。
飲み過ぎた翌日の塩分は最高だった。


そして、家に着いたら、東京ドームのチケットの不在届けが入っていた。
(記憶が正しければ)